スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Turin Horse ニーチェの馬



やはりTrailerよりも圧倒的に映画館の方が美しかった。二人以上で行くべきではない映画だと思う。

(一応、書評誌にも載せてもいいだけの尺で書いておく)
ニーチェの馬。タイトルからして面白そうと、とある雑誌のレビューを読んで、観てみようと思っていた。哲学者ニーチェは晩年、鞭打たれる馬に駆け寄った後、発狂した。馬がその後どうなったのか、というのがこの映画の筋である。
観る前に私はこの作品にどれだけのものを求めていたのだろう?哲学、映像美、ちょっと外れたものを観てみたい。最後の作品だそうであるし。そんなところだった。どうしてこの映画を観てしまったのだろうと今になって思う。
セリフが少なく、ただ自分がそこにいるだけのように観させるこの映画は、本来言葉で語るようなものではない。
この映画はアナログで録られているらしく、モノクロの画面と相まって、異様な現実感を映し出す。ワンシーンが長く、しかも日を変えて反復する。陰気な音楽を聴きながら、途中で眠くなったり、退屈し過ぎて死にそうになったりしながらも、言ってしまえばただジャガイモを食べるだけのこの映画を、二時間半もかけて目を開けて観るだけの価値はどこにあったのか。
映画は非日常の場で、退屈な日常から一時でも目を逸らす、ものであるはずだ。ふざけたことに、この映画は、更に退屈な日常を描いてのける。普段ならどうでもいいことを、映画で観る。どうでもよくて見向きもしないこと、目を向けることを忘れてしまったことに直面して、どう感じたか。
最終日まではそう思って、どういう日々を送りたいだろうかなどと考えながら観ていた。
最後に火を奪われて、ジャガイモを食べるシーンでこの映画はクライマックスを迎える。全く華やかでなく、悲しくもなく、麻痺した心がその働きを止めてしまうような、そんなクライマックスだった。
眠気に打ち勝ったものの、このシーンで完全にこの映画に負けてしまったと思った。解釈をしたら負け。解釈をしなくてもやがて負ける。それが終わりというものなのだろう。
スポンサーサイト

生きる

生きる

今まで生きていなかった、役所に勤める男。

胃がんを宣告され、何かを求め遊び、遂に役所の中で事を成し遂げ、逝く。

その後の葬式で同僚らが、男の最期を話す。

1 無駄なシーンが一つもなく、伏線上手く回収されていた。すばらしい。

2 遊び惚けて終わるのではなく、最期に社会へ鋭く切り返すところが、巧いと思った。

3 同僚は最後まで変わらない。現実的に描かれていて、それだからこそ男の最期が浮かび上がる。

4 不器用な男、図太く、辞職する女。実際にありそうで、にくかった。

良い映画でした。ケチがつけられない。

cove

cove

作中で出てくる日本人が、英語が下手で、弱そうに見えたのでやっぱり英語話せるだけで印象違うなと思った。

ウィキペディアでは色々と問題点が指摘されているので一読をすすめます。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B4

他に

・出演する日本人が感じが悪く、観た人は嫌なイメージを抱きそうだな。

・もしイルカが絶滅しそうもしくは絶滅に向かいつつあるなら保護しなければいけないとは思う。しかし、トキのために他の生き物を犠牲にする、といったようなことになっては困るので、人間の介入は必要最小限度で行うべきではないか?

・ドキュメンタリーでありながら、映画向けに編集がされており、いつ撮影したものがどうつなぎあわされているのかが分からない。素材の使い方によっては主張が変わりうるので。

・スパイアクション的映画であった。

・映画公開によってあまりに太地市に不利な状況になっている。事実確認をしたら、映画制作側は謝罪するのか、また、誤解は解けるのか?

 日本のクジラ・イルカ漁が他国から査定を受けて、
 客観的なデータをIWCで提出し、
 各国が自国のメディアで結果を公開すれば、多少は緩和されるかもしれない。

 それでも、ショッキングな映像を使っているから勝つには難しいと思う。厄介だな。

food inc

food inc

食品のために、家畜は機械的に生育されている―現状。

英語のレベルが高く、字幕なしでは理解しづらかった。しかし、問題提起は客観的で、非常に重要なものばかりだ。多くの人には観られないだろうが、価値のある作品。

内容
1餌のために急成長する鶏。

2全てはコーンで出来ている。食品の元をたどると、コーンにたどり着く。

3と5草を食べさせず直接内臓に餌を入れ育てられる牛。それにより大腸菌が発生し、それを殺すためにアンモニアが使われる。

4健康に良い食品を選ぶ権利は平等ではない―所得。

6食品の寡占市場状態

7GDfoodについて(あまり覚えていない…)

8政府と農業の関係

9gas price and food price
 食品も足りない。作るエネルギーも足りない。
←参考に。

piano lesson

piano lesson 

移住してした男が土地を買うために、男の妻、ピアノ教師が現地人にピアノレッスンをする。
妻は現地人に惹かれ、娘と現地人と三人で土地を去る。

1 名作らしいがあまり好きなストーリーではなかった。自分が妻であっても夫であってもこんな目に遭いたくない。
2 音楽が良い。もともと、BGMが好きだったから映画を観た。ミニマル音楽らしい。心の揺れをうまく表現しているといってもいいが、音楽だけで充分に良い。
3 原住民と白人とのコンフリクトに焦点を置いたらもう少し好みになったかもしれない。特に土地に関する考え方。原住民にとって土地は所有物ではない。
4 ストーリーに疑問点があった。娘が父親側についていたのに、最終的に母親側についたのが謎。ピアノは心を狂わせる、と海に捨てたのにまたピアノ教師をやっているのも。最後に話す努力を始めるが、ピアノによる表現はもう要らないのか?
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。