スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 涼宮ハルヒの消失



ネットで評判が良かったので、試験中に映画館に行ったはいいが、チケットを買うために並んでいる最中に座席が消失。

今回は予約をして、クラスメイトと観に行った。

良かった。結構良かった。




以下ネタばれ含みます。
 まず、小生はハルヒの原作その他諸々のストーリーを一切知らない。

 なので一番思い入れをしたのは、長門…といきたいところだが、制作スタッフ。

 作画が細かいところまで描いてあって、実写を上手く取り入れて雰囲気を作り出していた。たまにアニメと実写の間の違和感がある場面もあった。朝比奈さんがかわいくなかったのが謎。美しくもなかった。本作では重要ではないからかな。朝倉さんが昔の漫画みたいな作画なのも謎。

 残念なのは、アングルが効果的でなかったこと。Toloveるのようなアングルも入れたらいいのになあと思ったし、大画面に呑まれるような映像も欲しかった。上靴のアップを見てもつまらない。話している人物を頭上からみるアングルもあって良いのに。

 主人公の作画も崩壊していなかったし、涼宮さんもなかなかかわいかったし、長門は、長門の表情の表現力は素晴らしかった。ひたすらかわいかった。皆長門大好きなんだろうな。

 音楽は普通。日常的なシーンでは日常的な音楽が流れる。盛り上がるところではそういう音楽が。ジムノペティを効果的に使ったのは良かったと思う。でも、オリジナルの音楽で印象に残る音楽があったら良かったのに。全体的に会話が多いため、BGMなしのシーンも多かった。

 声優さん。主人公役の人、お疲れ様です。モノローグしっぱなし。大変だったと思います。涼宮・朝比奈さんの声がどうも作っている感じがした。

 シナリオは結構凝っているなと思った。原作を知っていれば伏線が強化されていてもっと楽しめたと思う。原作者は結構SFを読んでいるのだろう。朝倉さんはどこへいっても刺すらしい。

 主人公がモノローグをするゆえに、長門の心情が語られないのが残念だった。主人公の決断の理由が非日常が好きだという理由なことが自分には合わなかった。涼宮さんのことが好きってことじゃああないのか?主人公が何をしたいのか分かったけれど、それで本当に人は動くものなのか、納得がいかなかった。

 主人公が「ありがとう」と言わなかった点も気になった。心配している相手に迷惑掛けたな、とか言うもんじゃあないと思う。 

 長門が主人公に決断を委ねた展開も良かった。長門が心をもつ展開も良かった。真犯人が長門というのも良かった。結局、この映画は長門好きにはたまらないものなのだろう。

 小生だったらエンターキーを押さない。



 
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。