スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲たちの家

蟲たちの家 (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 3) (コミック)
楳図 かずお (著)

素晴らしきファナティック!

<どうしてこの漫画を読んだかと言うと、脳死・臓器移植の本当の話 (PHP新書) (新書)
小松 美彦 (著) の中に、「きずな」という短編についての考察があり、素晴らしいようだったので。>

事実が架空へ、架空が事実へ。真実は誰にも分からない。

読んでいるこちらも狂気を覚えてしまう。

{「さよならを教えて」というファナティックなゲームがあり、小生はびっくらこいた。それはそれは素晴らしいゲームだった。その絵集と、楳図 かずおの絵柄は似ている。ファナティックは執拗に塗られる黒色に宿るのかもしれない。}

ストーリーもリアリティがあるし、伏線もあるし、どんでん返しもある。オチが読める時もあるが、それくらいしか不満が無い。

[さて、「きずな」だが、これは作中作のように現実の中に仮想が花開く作品である。人情的にも迫ってくるものがあるのだが、…

「裏切られない」という観点からみると、一層狂気的な話に思えた。

この作品では、看病している時点で「意識が無くなった時点で裏切られていると思っている。」ことはあり得ない。しかし、自己満足的な愛に陥るかもしれない。

意識の無い人間を世話する時、意識がないから裏切られることもなく、常に愛することが出来る。

愛されていることは、確認できない。

信じるしかないのだ。

何かが信じられなくなったり、ちょっとしたことで裏切られた瞬間に、歯車はぎこちなく止まる。

かといって、狂信す


スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。