スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスリは飲んではいけない!?

クスリは飲んではいけない!?

何を当然のことを。

私が以前背中の皮膚がかぶれて、皮膚科に行った時のこと。
ステロイドを出された。塗っていたら、どんどんひどくなり、
強いステロイドを与えられ、さすがに疑わしく思ってやめた。
すると、ステロイド処方前より悪化してしまった。ステロイドがいいという人もいるが、身を持って、危険だと思った。
かぶれは、秋頃に汗が引いたら自然と治った。ステロイドの醜い跡が背中に残ってしまった。

また、別の話。

祖母は、風邪のクスリを出された。
そして、律儀に飲んでいたら、胃の調子が悪くなり、胃薬を出された。
こんな風にして、今も増えているクスリを飲んでいる。
その祖母は、昔、クスリの副作用で髪の色素が無くなってしまった。しかも、必要のないクスリで。

・食中毒には梅肉エキスが効くし、傷には馬油がとても効く。
・風呂に入って、のんびり体を温める。
・ストレスに潰されないように、ときおり気持ちを緩ませること。不安となっているものを全部書き出してみる。
・多くの品目を食べ、少量ずつ質のいいものを味わって食べること。
・運動をして、自分の体の不具合を知ること。代謝を高めること。
・マッサージなどで血流を良くすること。
・日々に喜びと満足を見出すこと、この世界に感謝できる瞬間を、逃さないこと。
・人と話すこと、笑うこと。

本を読まずとも、気づくことができた、こういったことをしていれば、病気にならない気がする。
自分自身で試してみたい。

菜食主義、瞑想、ヨガ、断食、などなど宗教めいたものもある。
健康のために宗教を信じるかどうかは人それぞれだろう。私は特定の宗教を信じていないが、
まずは自分の体を信じたいし、人間を信じている。

一日やそこら、体調を崩す時に、飲むクスリは、きっと逆効果なんだろう。
結局直すのは自分の体で、
そのために必要な物質はどの程度体内で作ることができるのか、知りたく思う。

きっとこれから、
予防にウエイトをおく人と、処方してもらう人と、医療を受けられない人に分化する。
西洋医学を頼ってもいいけれど、
自分の体に触ってみて、こういう感覚だったのか、と思い出すことくらいは、してもいいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。