スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホモ・サケル 主権権力と剥き出しの生

ホモ・サケル 主権権力と剥き出しの生 [単行本]
ジョルジョ アガンベン (著), Giorgio Agamben (原著), 高桑 和巳 (翻訳)



訳者の高桑先生は、三年前に習った先生。とっても良い先生だったので、いつかは読んでみたいと思っていた。

知識としては、フーコーの生政治を知っていると良いと思う。

どういうものか、というと、アウシュビッツの人間と、ホモサケルに共通点を見出したもの。「何故人を殺してはいけないのか」という問題にも、大きな答えを与えてくれるだろう。

こういう本は初めて読んだが、分からないということは無かった。しかし、理工のテキストの論理の明快さとは似ても似つかないので、正直戸惑った。まだ頭の中では整理できていない。どれとどれが同じ側の概念なのかがよく理解できていない。すみません。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。