スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンディーヌ (光文社古典新訳文庫)

オンディーヌ (光文社古典新訳文庫) [文庫]
ジャン ジロドゥ (著), Jean Giraudoux (原著), 二木 麻里 (翻訳)

恋愛とは発狂

オンディーヌとハンス。オンディーヌは水の精。水の精であるオンディーヌは、取りつくろうことなく、無邪気である。一方で、十五歳という少女らしく、あっちへいったり、こっちへいったり、そんな感じの、女の子。
ハンスがベルタに浮気をしたところは一読では分からなかった。(女性は絶対に読みとれるんだろうな)
オンディーヌは、約束を破られてしまい、契約としてハンスは死んでしまう。

男心としては、なんとも気乗りのしないラストである。

解説のラストで、オンディーヌが騎士の結婚式の朝に、お祝いを送ることに、「そんなことができる人間の女はいない」とある。

女心はこういうものらしい、ジロドゥはすごい。

訳は言葉遣いがあれこれ変わるという、嗜好を凝らしてあるのだが、効果的かどうか・・・


スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。