スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ユダヤ教』

『ユダヤ教』ノーマン・ソロモン 岩波書店を読了。

この本の邦訳には、一冊でわかる、というサブタイトルがついて居る。元はオックスフォードプレスの A Very Short Introduction である。(何だかあざとさを感じる)

入門としては良い本だった。

ノート四ページくらいにメモして、いくつか気になった内容をピックアップすると

  トーラー解釈が大事。祖先と繋がる。

  キリスト教と対立している。

  礼拝をする。断食は無茶しない。
 
思ったこともいくつか。

  経典絶対主義では無かったのが意外だった。現状に合わせ柔軟に解釈するようだ。

  貧しく家の無い教徒が多い。

  現在抱えている諸問題(人工妊娠中絶、人工授精、安楽死、代理母)はどこも抱えている大問題だ。経典に基づいて(参考にして)判断するということが小生とは違うのだろうなと思った。(小生の場合だが)道徳と折り合いをつけることは大事である。

  シオニズム運動やイスラエルを知る必要性を感じた。

  加えてホロコーストについて知るべきだと思った。名著『夜と霧』くらいは読もうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。