スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『99%の誘拐』読了

一時間で読み終わった。

内容は、誘拐に会った子が科学的デバイスを駆使し、復讐をする、というもの。

誘拐に会ったこの親は、5000万円を金の延べ棒に替えて、犯人の誘導通りに従い・・・結局延べ棒は海に投げ捨てられた。

それから月日が流れ、子が、今度は誘拐をする。

アスカというプログラムがゲームを介し、誘拐して屋敷に連れ込む。騒ぐと爆発するよ、と脅したり、食事はちゃんとあたえたり、と、頭のいい方法で。(誘拐は成功率が低いため、そもそもする奴は頭が良いと思えないが。)

結局、犯人は
プログラムのアスカ、と思いきや、人間でした。

犯人は、アスカを介し、被誘拐者にコンタクトをとりつつ、自分が仲介者になる。

予定通り、復讐は果たせたが、最後に昔の誘拐の話を聞く。

内容はこんな感じ。

以下、書評。

ぱらぱらと読みすすめられる。しかし、日常的すぎて通り過ぎる。重みのある言葉が無い。

人物の心情表現が薄い。文学的な表現(例えば、怒っている人は、手をわなわなとふるわせますよね)を入れたらいいのに。

ハイテクやヴァーチャルを入れれば良いってもんじゃない。それに終始すると、読んでいてしらける。

やはり酷評になりました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
東京大学理科一類
物理工学科進学
そのまま院進学
医生系海外院行きたい。
よろしくおねがいします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。